近江聖人 中江藤樹

「わが国陽明学の始祖」

中江藤樹(なかえ とうじゅ、1608年4月21日(慶長13年3月7日) - 1648年10月11日(慶安元年8月25日))は、近江国(滋賀県)出身の江戸時代初期の陽明学者。近江聖人と称えられました。


農業中江吉次の長男として誕生。9歳の時に伯耆米子藩主加藤家の150石取りの武士である祖父・徳左衛門の養子となり米子に赴きました。1617年(元和2年)米子藩主加藤貞泰が伊予大洲藩(愛媛県)に国替えとなり祖父母とともに移住しました。1622年(元和8年)祖父が死去し、家督100石を相続しました。

1634年(寛永11年)27歳で母への孝行と健康上の理由により藩に対し辞職願いを提出するが拒絶され、脱藩し京に潜伏の後、近江に戻ります。そこで、私塾を開きました。1637年(寛永14年)伊勢亀山藩士・高橋小平太の娘・久と結婚しました。藤樹の屋敷に藤があったことから、門下生から藤樹と呼ばれるようになります。塾の名は、藤樹書院という。やがて朱子学に傾倒するが次第に陽明学の影響を受け、格物致知論を究明するようになりました。

1646年(正保3年)妻・久が死去。翌、1647年(正保4年)近江大溝藩士・別所友武の娘・布里と再婚します。 1648年(慶安元年)藤樹が41歳で亡くなる半年前に郷里である小川村(現在の滋賀県高島市)に「藤樹書院」を開き、門人の教育拠点としました。その説く所は身分の上下をこえた平等思想に特徴があり、武士だけでなく商工人まで広く浸透し「近江聖人」と呼ばれました。代表的な門人として熊沢蕃山、淵岡山、中川謙叔などがいます。


藤樹書院

中江藤樹(なかえとうじゅ)(1608-48)の住居跡・講堂跡で、国の史跡に指定されています。 この建物は、藤樹の自宅が狭くなったために彼が没する半年前の正保5年(1648)に、門弟や村人たちの協力によって完成したものです。
明治時代に、現在のように再建されています。内部には、藤樹直筆の「致良知(ちりょうち)」の書を始め、遺品・遺物が数多く展示されています。

滋賀県高島市安曇川町上小川225−1 
お問い合わせ
           良知館
           TEL:0740-32-4156



藤樹の里あどがわ
520-1221
滋賀県高島市安曇川町青柳1162-1
TEL 0740-32-8460
FAX 0740-32-8464
e-mail:info@mitinoeki-adogawa.com
営業時間:9:00〜19:00(4〜8月)
     9:00〜18:00
(9月〜3月)
 休館日:毎月第2水曜日
     (4月・8月は無休)
 駐車台数:普通車100台
       (身障者用3台含む)
        大型車15台
  コンビニ・トイレ・駐車場は
  24時間利用可能